【ステップ】NFTゲームでの正しい稼ぎ方をご紹介!稼ぎやすいNFTゲームも

【ステップ】NFTゲームでの正しい稼ぎ方をご紹介!稼ぎやすいNFTゲームも
  • URLをコピーしました!

NFTゲームをやっているけど、なぜか上手く稼げない。


上手に稼ぐことができない方は、さまざまな要因を見落としがちです。まずは、しっかりとゲーム内容を把握し、攻略方法を学んでおくことが大切ではないでしょうか。今回は、NFTゲームの正しい稼ぎ方についてご紹介いたします。


稼ぎやすいNFTゲームについてもご紹介していますので、あわせてご覧ください。

目次

NFTゲームとは

ブロックチェーン技術が使われているゲームのこと

NFTゲームとは、ブロックチェーン技術が使われたゲームのことです。

そもそもブロックチェーン技術とは、データ化された取引履歴を1つのブロックとして格納し、新しい取引履歴をさらに別のブロックで格納することで、安全かつ正確に取引履歴を保持することができる技術のことを指します。

この技術の具体的なメリットとしては、

  • 改ざんすることが難しい
  • 過去の取引履歴が消せない
  • 生物のように個別に動作しながら全体を最適化する自律分散システムを持つ
  • コンピュータにトラブルが起きても、他のブロック保持者が持つブロックで復元できる

といったものがあります。

NFTゲームでは、この技術を使うことで、安心安全にプレイすることができるのです。

プレイすればお金を稼ぐことができる

NFTゲームの特徴として、ゲーム内で獲得した資産を売却してお金を稼ぐことにあります。

このようなゲームのことをP2E(Play to Earn)と呼びます。ゲームの種類は色々あり、モンスターと戦うロールプレイングゲームだけでなく、トレーディングカードゲームやシューティングゲームなど、次々と新しいゲームが開発されています。

それだけに、NFTゲームはさまざまな稼ぎ方をプレイヤーに提供しているのです。

NFTゲーム内でキャラやアイテムを作成・売却できる

では、具体的にどんなことができるのでしょうか。

ロールプレイングゲームを例にしてみましょう。ダンジョンを攻略してレアアイテムを入手したり、ゲーム内で製作したオリジナルのアイテムに思わぬレアリティが付いて、それが現実の価格で取引できたら飛び上がって喜んでしまうのではないでしょうか。

NFTゲームでは、そうした事柄を遊びながら実現することが可能なのです。

NFTゲームの稼ぎ方

1.仮想通貨取引所にアクセスする

次にNFTゲームでの稼ぎ方について解説していきましょう。

まず「仮想通貨取引所」にアクセスします。アクセスするためには、アカウント登録が必要となりますので、必ずアカウントを取得しておきましょう。

仮想通貨取引所には、以下のようなものがあります。

また登録の際には、身分を証明する書類(運転免許証やマイナンバーカード等)をご用意ください。

2.MetaMaskをインストールする

MetaMask

アカウント登録ができたら、次にMetaMaskをインストールします。

MetaMaskとは、WEB上で使うお財布のことです。このお財布は、仮想通貨取引所のマイページからインストール可能です。Google Chromeのアドオンやスマホアプリも存在しますので、仮想通貨の管理や送金がいつでも簡単に行うことができます。

MetaMaskはこちらからインストールが可能です。

3.NFTマーケットにアイテムを出品する

MetaMaskのインストールが完了したら、今度はゲーム内で入手したレアアイテムにNFTマーケットに出品してみましょう。

NFTマーケットには、以下のようなものがあります。

上記のいずれかのNFTマーケットでアカウントを作成したら、必ずマイページでMetaMaskとの連携を行ってください。そうしませんと、取引したアイテムの代金を受け取ることができません。アカウントの登録とMetaMaskの連携が終ったら、いよいよレアアイテムの出品です。

出品は簡単です。

  1. 入手したレアアイテムをNFTマーケットのマイページにアップロードする。
  2. アップロードしたレアアイテムを出品し、売却価格を設定する。

この2つの工程を済ませれば、あとは売却されるのを待つだけです。

初心者でも稼ぎやすいおすすめNFTゲーム5選

次に初心者でも稼ぎやすいおすすめのNFTゲーム5選をご紹介いたします。

1.The SandBox

The SandBox

サンドボックスは、定められた目標や対戦といった要素がないゲームです。

特にやることがないようにも思えますが、代わりにプレイヤー自身が自由に目的を決めてゲームを進行させることができます。またオリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、土地、LANDと呼ばれるゲーム内通貨をNFTマーケットに出品して取引を行うことができます。

マインクラフトをプレイしたことのある方であれば、一番取っ付きやすいゲームと言えるでしょう。

The SandBoxはこちら

2.Sorare

Sorare

Sorareは、現実に存在するサッカー選手のカードで対戦するカードゲームです。

一番の特徴は、現実世界での活躍がカードのスコアに反映されることです。当然、カードはNFTマーケットで取引が可能で、人気の選手ほど高値が付く傾向があります。

またゲーム内で活躍すると、報酬としてETHやレアカードがもらえるので、これらを上手に売買して好きな選手のカードを集めてみるのもよいでしょう。

Sorareはこちら

3.STEPN

STEPN

STEPNは、「move to earn」というまったく新しいジャンルのゲームです。

簡単に言うと、NFTスニーカーと呼ばれるバーチャルシューズをスマホアプリで履いて、現実世界でウォーキングやランニングをするだけで仮想通貨がもらえます。この説明だけだと一見簡単そうに見えますが、NFTスニーカー自体が高額なので初期投資の回収に数ヶ月を要します。また現実にスニーカー同様に傷んだら修理をしなければならないなど、細かいコツを覚えなくてはなりません。

その意味で、STEPNは根気のいるゲームと言えるでしょう。

STEPNはこちら

4.Axie Infinity

Axie Infinity

Axie Infinityは、あまたのゲームの中で最も利用者数が多いポケモンのようなゲームです。

プレイヤーはモンスターを育てて、他のプレイヤーと対戦をします。対戦の結果、成績が多ければSLPと呼ばれるゲーム内通貨をもらえるので、これを現実の通貨と交換できるETHやビットコインと交換するだけで本当に収入が得られてしまうのです。

そのため、東南アジアを中心とした国々ではAxie Infinityで不労所得を得ている人がいるほど大人気のゲームとなっています。

Axie Infinityはこちら

5.Crypto Spells

Crypto Spells

Crypto Spellsは、日本初のブロックチェーンを利用したNFTカードゲームです。

リリース当初はかなりの話題になり、初日だけで1700万円の売上が出たことでも話題になりました。Crypto Spellsは、他のカードゲーム同様に他のプレイヤーと対戦することで、レアリティの高いカードを手に入れることができます。ただし、課金をしないと勝ち上がっていくことが難しいので、ゲーム内での課金の必要性が高いゲームとなっています。

それらを上手に運用したり、取引したりすることで、たくさんの仮想通貨を稼ぐことができます。

Crypto Spellsはこちら

まとめ

NFTゲームは楽しく遊ぶだけで、思わぬ稼ぎ方ができることがわかったのではないかと思います。

またその種類も豊富で、これから色々なゲームが開発されていくことは間違いありません。
さらに言えば、有名メーカーや著名デザイナーがデザインしたNFTアイテムが増えれば、ますます集めたくなるのではないかと思います。

この記事を読んでプレイしてみたくなった方は、今すぐ仮想通貨を購入して始めてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる